今までに吸ったパイプタバコ

タイトル通り過去から現在にかけて吸ったことのあるパイプの個人的な感想を。

今回初なのでやはり有名なものからいこうと思う。

c0263852_20153591.jpg


これはダンタバコ社のブルーノートという銘柄。
三大甘いタバコと言われるその一つである。
どのサイトを見ても評価は高く、常にストックしている人も多いだろう。

まず開封すると濃いバニラの香りが広がる。
このブルーノートを吸う前からバニラ香のものは色々吸ったのだが、香りが段違いに良い。
そして火を点けて吸った瞬間に、思わず感嘆の声が上がる程甘い煙が口中に漂うのだ。
何と言うかバニラに加えヨーグルトの酸味もし、まるでキャンディを頬張っているかの様でもある。

更に凄いことに、吸い終えた後の充実感がしっかりある。
甘いタバコなら他に沢山あるのだが、タバコ感がここまであるものはない。
やはりこのバランスが人気の秘密だろう。

パウチ(袋)ものに比べ缶なので多少値は張るが、試してみて損のないオススメ品である。
因みにパウチのブルーノートもあるのだが、会社が違うため味も全く違うものなのでまた今後紹介したい。
# by uriurinyanko | 2012-11-19 20:40 | パイプタバコ感想

パイプタバコを始めたきっかけ2

パイプタバコを始めて2年弱になるが、慣れもあるだろうが技術の向上を実感できるのは嬉しい。
そう、パイプは技術がないと吸う事ができないのだ。

先ず葉の詰め方に始まり、吹き戻しを含む呼吸法、タンパーを使った火床の安定の保持と
簡単に挙げるだけでこれだけある。

タバコ吸うのに技術が必要だなんて面倒と思うだるうが、しかしそれはいずれ慣れる。
我慢してそれに慣れると恐ろしく美味い煙を味わうことが出来るのだ。
もし機会があれば慣れた人が吸っている途中のパイプを咥えさせてもらうと美味さがすぐ理解出来ると思う。
# by uriurinyanko | 2012-11-19 10:00 | タバコ

パイプタバコを始めたきっかけ

タバコは10年以上吸い続けているが、俺が吸い始めた時は一箱230円だったのに今では410円まで値上がりしている。
一日に一箱以上吸っており月のタバコ代がえらいことになっていたため、何かいい策はないかと探していたところ、パイプタバコは安く上がるという情報を見つけた。
性格上一つの事を始めだすとそれに集中する癖があるので、趣味の一つとして面白いと思ったのも大きい。
しかし周りにパイプを吸う人は皆無なのでどうすれば、何がいいかも全く分からず、手探り状態で色々と調べてみた。

ふむ、調べれば調べる程奥が深い・・・

まずタバコに味がついているというのが大きな驚き。
人気のバニラを筆頭に、チョコレートやメロン、蜂蜜に加え、ウィスキーやワインなんてもものもあるのだ。
俺は昔から甘いものが大好きで、特に25を超えてから味覚が変わったのか、辛い物が食べられなくなったためそれが余計顕著に出る。
食べ物に限らず香りに関してもそうで、一般的に女の子が好むような甘いものが好きなのだ。
おお!タバコが吸えてしかも甘いなら言うことなし!! ということで定番のバニラを買った。

しかし葉っぱだけではまだ吸えない。
イメージとして白い髭をたくわえた老人が持っているようなパイプがどうしても必要になる。
パイプもメーカーや形が様々にあり、値段もピンキリ。
困った挙句これなら失敗はないだろうとのことで、モールクリーナーやコンパニオンとセットになった1万円程のビリヤードを買ったのだった。
# by uriurinyanko | 2012-11-19 00:05 | タバコ

とりあえず

タバコ中心に感想等々ボチボチ書いていこうと思う

何分初心者なので過度な期待はしないでね
# by uriurinyanko | 2012-11-18 23:02