今までに吸ったパイプタバコ 4

c0263852_2243503.jpg


ダンヒルのマイミスクスチャー965。
俺は今まで兎に角甘いものしか吸ってこなかったので、非着香を吸ったのはこれが初めて。
何故これを選んだかと言うと、他サイトやブログで余りにも有名で評価の高いものだから。

俺の様に甘いパイプを吸い続けていても、いずれはこのような非着香ものに行き着くらしい。
それならば経験を積む為にも一度吸ってみようかと思ったのだ。
ただよく言われる難点(?)として、ラタキア(葉っぱを薫製したもの)が入っているため、正露丸や薬の様な独特の匂いががするというその一点が心配だったのだが、いざ蓋を開けてみてもそれ程苦にはならない。寧ろ鰹節のようで香ばしいとさえ思った。

同時に購入した新しいパイプに、ブレークイン(慣らし運転)の為軽く詰め火を点けてみる。
驚くことに最初の一服目から旨い!!1回目のブレークインなのに旨い!!!
俺は舌が鋭敏ではないので細かい事は言えないのだが、恐ろしい程のコクと旨みが口に広がるのだ。
友人にも吸わせてみると、何これ!!と感嘆の声をあげるばかり。
香りを着けずともここまでタバコは旨くなるものかと、ほとほと感心した。
吸い終えた後こんなに満足したパイプは初めてだったと思う。
今後パイプをしっかり育ててから吸うと思うとそれだけでワクワクする。

ただ余りにもラタキアの匂いが強いため、その後同じパイプで着香された葉っぱを吸うと味が混じってしまい非常に不味い。その逆もまた然り。
新しく買ったパイプはラタキア専用としよう。けど一本じゃあ足りない・・・。また何本かラタキア専用パイプを買おうかな。
by uriurinyanko | 2012-11-24 23:26 | パイプタバコ感想
<< 今までに吸ったパイプタバコ 5 パイプタバコの吸い方 コツ2 >>